射水工業株式会社

業種 : 建設業 所在地 : 射水市 従業員数 : 18人

射水工業株式会社

業種:建設業 所在地:射水市二口2487-1

従業員数:18人

詳しく見る

企業名

射水工業株式会社

業種

建設業

所在地

射水市二口2487-1

従業員数

18人

TEL

0766-52-0336

FAX

0766-52-0386

ホームページ

http://imizukogyo.co.jp/

閉じる

サイトに登録しました!

2020.04.23

働き方改革全般

サイトに登録しました!
射水市にある射水工業株式会社です。
弊社の取組みをぜひご覧ください!

Good!! 5

2020月3月17日に参加しました。

行動計画の期間

2018年06月01日 ~ 2021年05月31日

行動計画の内容

 女性技術者を増やし、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間
平成30年 6月 1日~平成33年 5月31日までの3年間

2.当社の課題
(1)女性の応募者がそもそも少なく、女性の技術者が少ない。
(2)女性のほとんどは事務職で総務部に配置され、配置先に偏りがある。

3.目標と取組内容・実施時期
目標1:技術職の女性を現在の1人から3人以上に増員させる。
 平成30年 5月~ 技術系の応募を増やすため、現状の把握と調査、改善方法について検討する。
 平成31年 5月~ 毎年受け入れを行っている高校生のインターンシップに女性にも積極的に参加を促す。
目標2:現場管理業務に技術系の女性社員を積極的に配置する。
 平成30年 5月~ 現場長の集まる会議等でヒアリングを行い、女性を配属する上での課題を把握し、解決策につ           いて検討する。
 平成31年 5月~ 課題点があれば、解決し、配置開始。定期的にフォローアップのためのヒアリングを行う。
 平成32年 5月~ 技術系女性社員の交流会を開催する。

取組実績・今後の取組み予定

目標1:技術職の女性を現在の1人から3人以上に増員させる。
 令和2年 5月現在 女性技術職員数は1名のまま変化なし。インターンシップの受入時にも積極的に女性も可能と参           加を促している。今後も根気強く継続する予定。

目標2:現場管理業務に技術系の女性社員を積極的に配置する。 
 令和2年 5月現在 女性技術職員は入社して3年となるが、本人の希望もあり現場管理業務に携わっている。定期            的にフォローアップのためのヒアリングを行っている。今後も継続して配置する予定。

情報公表

男女の平均継続勤務年数の差異

男性:21.7年、女性:3.3年

有給休暇取得率

50.4

トップの子育て応援メッセージ

子育ての大切さを全従業員で共有しながら、安心して働き、次世代まで幸せに暮らせるような環境づくりを目指しましょう。

代表取締役
吉田 寛之

行動計画の期間

2018年04月01日 ~ 2021年03月31日

行動計画の内容

1.計画期間 平成30年4月1日~平成33年3月31日までの3年間
2.内  容
○子育てを行う労働者の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備

【目標1】
平成33年までに子を養育する労働者に対する所定外労働の制限に加え、子育てに利用できる時間増を目的とし、毎週水曜日と金曜日をノー残業デーとする。
<対 策>
平成30年 4月 社員の労働時間数の現状、予定等の把握等の調査、周知方法について検討する。
平成30年 9月 検討した結果をもとに実施日を決定、全社員に周知。
平成31年 1月 制度を運用開始する。
平成32年 1月 1年間の運用結果を分析。問題等があれば、改善しながら継続して実施。(毎年)
【目標2】
子供(小学校に就学するまで)の看護休暇制度(半日・時間単位も可)を設けたが、対象範囲を中学校に就学までに拡大する。
<対 策>
平成30年 4月 制度導入による問題点の有無等の検討開始。
平成30年 9月 検討した結果をもとに実施日を決定、全社員に周知、制度を運用開始する。
平成31年 1月 1年間の運用結果を分析。問題等があれば、改善しながら継続して実施。(毎年) 

○対象を自社の労働者に限定しない、雇用環境整備以外の取り組み

【目標3】
地域の学生などのインターンシップを年2回以上積極的に受け入れる。(継続)
<対 策>
平成30年 4月 一つの学校だけではなく幅広く地域の学生を継続して受け入れられるよう検討、および情報収集。
平成31年10月 検討結果をもとにインターンシップ受け入れの継続。
平成32年 3月 1年間の実施結果を分析。問題等があれば、改善しながら継続して実施。(毎年)

取組実績・今後の取組み予定

 平成31年1月より、子育てに利用できる時間増を目的とした毎週2日間(水・金)のノー残業デーの制度も定着し、実際に子育てを行っている社員に大変好評をいただいています。運用結果にも問題は無いことより今後も継続の予定です。

 平成31年1月より、子育てのための雇用環境の整備のため子供(中学校に就学するまで)の看護休暇制度(半日・時間単位も可)を設け実施しているが、特に子育てを行っている女子社員に急な呼び出し等にも対応できると好評であることから、今後も継続してく予定です。

 インターンシップに関しては、今年度も継続し、幅広く地域の学生の受入れを予定している。(新入社員募集中)

わが社の自慢の取組み

・毎週水・金曜日はノー残業デー