株式会社藤井組

業種 : 建設業 所在地 : 南砺市 従業員数 : 45人

株式会社藤井組

業種:建設業 所在地:南砺市坪野192

従業員数:45人

詳しく見る

企業名

株式会社藤井組

業種

建設業

所在地

南砺市坪野192

従業員数

45人

TEL

0763-82-0818

FAX

0763-82-4137

ホームページ

http://www.j-fujiigumi.co.jp

閉じる

元気とやま!子育て応援企業 実績登録

2021.06.14

子育て両立支援

行動計画期間 平成30年7月1日~平成33年6月30日


行動計画内容 
       1、子供の出生時に父親が取得できる特別休暇制度
       2、子供との交流時間を確保し家庭環境向上のため 小学校以下の
         子供の行事参加を推進する
       3、毎週水曜日のノー残業デー


取組実績内容 
       子供の学校等の行事参加は、ほとんどの社員が有給休暇を取得し行事に参加
       しています、社員同士でも理解があり、子供の行事参加での休暇を取得すると
       きは、お互い仕事のフォローをしあっています。

       出生時特別休暇については、子の出生時のため特別休暇を2名の社員が取得
       しました。

       ノー残業デーについては、令和2年4月~令和3年4月までの達成率は
       80%になっています。

Good!! 6

サイトに登録しました!

2020.05.11

働き方改革全般

サイトに登録しました!
南砺市にある株式会社藤井組です。
弊社の取組みをぜひご覧ください!

Good!! 6

2020月3月17日に参加しました。

トップの子育て応援メッセージ

当社は子育てを頑張るパパママを応援しています!
家庭と仕事の両立支援に積極的に取組みます。

代表取締役社長
藤井 秀之

行動計画の期間

2021年07月01日 ~ 2024年06月30日

行動計画の内容

目標1: 年次有給休暇を各個人の付与日数の50%以上取得する

目標2: 中学生以下の子供の学校行事の参加を推進する

目標3: ノー残業デー(水曜日)の達成率を年平均90%以上にする


令和3年7月~  職長会議や工務室等に取り組みを掲示するなど制度導入を全社員に周知徹底

毎月15日頃   年次有給休暇取得状況、ノー残業デー達成率の状況の確認
 
令和3年12月  状況を確認し結果が不十分であれば再度周知を促す

取組実績・今後の取組み予定

取組実績

・毎週水曜日のノー残業デーはもちろんのこと時間外労働の
 削減に積極的な取り組み
・子供の学校行事等の参加を推奨し、休暇取得時は社員同士で
 仕事のフォローをする
・完全週休二日制の導入
・子の出生時に父親が取得できる特別休暇制度
・14歳の挑戦で地域の子供の就業体験受け入れる



今後も引き続き職場の環境整備に努めます

わが社の自慢の取組み

社員の子育て時間確保のため社内に働き方改革チームを設置し、時間外労働の削減に積極的に取り組んでいます

働き方改革の取組み

休暇の取得促進

・有給取得日数を毎月確認し取得日数が少ない社員に有給休暇を取るよう勧める
・時間単位での有休取得が可能

長時間労働の削減

水曜日をノー残業デーとし、時間外労働の削減を目指しています。

労働生産性向上のための見直し

・働き方改革により、組織力を高め業務の効率を向上させながらそれぞれが成長出来るよう取り組みます。
・有給休暇取得促進や時間外労働の削減をすることで、仕事の効率や生産性が落ちないように社員一人一人のスキルアップを目指します。
・休暇の取得者がいても業務が滞らないよう情報共有の手段を講じます。
・社内報にそれぞれの現場の技術・工夫・安全対策などを掲載しています。
・5S(整理・整頓・清潔・清掃・しつけ)改善を推進し、事故の発生を防ぎます。

イクボスの取組み

イクボス宣言

共に働く社員のワーク・ライフ・バランスを重視します。それぞれのライフバランスに合わせた働き方へ柔軟に対応し、また私自身も仕事と私生活を楽しむ「イクボス」になることを誓います。

1. 育児・介護といったライフステージにおいて仕事と生活を両立し安心して働けるよう努めます。

2. 有給を気軽にきちんと取得できる環境づくりに努めます。

3. 業務の効率化により時間外業務の削減に努めます。

株式会社藤井組 代表取締役社長 藤井 秀之

イクボス 代表取締役社長
藤井 秀之

イクボス宣言をした理由・背景

富山県は共働きの家庭が多く、育児や介護をしながら働くことが当たり前とされています、そのような中では仕事と家庭の調和をうまく取ることが大切となります。
企業のリーダーは社員のワークライフバランスを実現させるため様々な面に柔軟な対応をしていかなければなりません。
今回のイクボス宣言により経営者だけでなく社員同士でもイクボス宣言の内容を理解し、みんながやりがいを感じながら働き、仕事への責任を果たすとともにそれぞれのライフステージに合わせた多様な対応が出来るような環境づくりをしていきたいと思います。