立野原建設株式会社

業種 : 建設業 所在地 : 南砺市 従業員数 : 9人

立野原建設株式会社

業種:建設業 所在地:南砺市土生新1298

従業員数:9人

詳しく見る

企業名

立野原建設株式会社

業種

建設業

所在地

南砺市土生新1298

従業員数

9人

TEL

0763-52-3042

FAX

0763-52-6149

ホームページ

http://www.tatenohara.jp/

閉じる

サイトに登録しました!

2020.05.07

働き方改革全般

サイトに登録しました!
南砺市にある立野原建設株式会社です。
弊社の取組みをぜひご覧ください!

Good!! 6

2020月3月17日に参加しました。

トップの子育て応援メッセージ

この不景気の下、子育てと仕事を両立していくのは大変だと思いますが片方だけでは生活ができません。会社としてやれる事しかできませんが、子育てのために何ができるか一緒に考えながら頑張っていきましょう。

代表取締役社長
秀永 欣亮

行動計画の期間

2016年06月01日 ~ 2021年05月31日

行動計画の内容

1.計画期間 平成28年6月1日~平成33年5月31日までの5年

2.内容
社員の働き方を見直し、もっと子育てに係われるよう、以下の対策を行う。
目標1:所定外労働時間を削除するため、「ノー残業デー」を実施する。
<対策>平成28年6月~ 「ノー残業デー」に向けた社内検討会実施
    平成29年6月~ 「ノー残業デー」の実施目標2:年次有給休暇取得日数を増やす。年間5日以上の取得の促進。
<対策>平成28年6月~ 子供の学校行事だけでなく、地域活動にも積極的に参加を促す。
     平成28年6月~ 四半期毎に取得状況を把握し、社員に伝える。
目標3:家族との時間を増やすため、できるだけ連休となるよう休日を配慮。
<対策>平成29年3月~ 年間カレンダーを社員と協議し作成する。

取組実績・今後の取組み予定

男性女性社員共に年次有給休暇をお子さんの学校行事での利用に呼びかけていたところ、運動会、卒業式、入学式について全員有給休暇取得された。
子育てのために必要な費用を無利子で貸し出した。
家族参加の行事を作り、みなさんと仲良くなり、いろいろ話を聞いて参考にしたい。

わが社の自慢の取組み

働き方改革の取組み

休暇の取得促進

学校行事等に合わせて有給休暇を時間単位で取得可能としました。

長時間労働の削減

早出残業を極力なくすため、月2回の全体工程会議において個々の現場の進捗状況並びに今後の予定を全員が把握する事により、現場間の人・機材の調整を行っています。

労働生産性向上のための見直し

工事提出書類を一括サーバー管理する事によ って、同様実績工事を参照可能となり技術者の負担を軽減しています。

イクボスの取組み

イクボス宣言

 全ての従業員が仕事と私生活が両立でき、活気ある職場と心豊かな生活の実現を目指し、安心して働き続けられるよう応援します。

立野原建設株式会社 代表取締役社長 秀永 欣亮

イクボス 代表取締役社長
秀永 欣亮

イクボス宣言をした理由・背景

仕事をするに当り家庭環境は重要なファクターであり、若年労働者確保・定着のためにも子育て環境整備に積極的に関わる必要性があると感じたため宣言しました。